≪中高≫オレゴンサマーキャンプレポート⑧ Day 12-Day 15

2017年08月21日

8月3日から8月17日までのサマーキャンプも無事修了致しました。

帰国し数日経ちましたが、サマーキャンプ最後の3日間、LAでの日々を中心にレポートさせていただきます。

≪サマーキャンプ12日目(8月14日)≫

この日は朝チャーチへ集合し、ホストファミリーとお別れしたあと、ポートランド空港へ行き、ロサンジェルス空港(LAX)へ向かいました。ホストファミリーとのお別れの際は、感極まって泣いてしまう生徒も数多くおりました。それぞれのホストファミリーが生徒たちとわが子のように接している姿をみて、感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

ロサンジェルス空港に着いたあとは、バスに乗り込みユニバーサルスタジオへ!ハリーポッターのアトラクションをはじめ、アメリカにしかないアトラクションも体験しながら非常に楽しんでいました。

≪サマーキャンプ13日目(8月15日)≫

この日はおそらく生徒たちが一番楽しみにしていたであろうディズニーランドに行く日でした。ホテルで朝食を済ませ、徒歩でディズニーへ向かいました。生徒たちの中には朝5時に起きて、髪をセットするものもおり気合十分!しかし、365日中40日しか雨が降らないロサンジェルスと言われているのに、朝は小雨。少し不安に感じていましたが、昼ごろにはTHE LAという晴天に恵まれました。残念ながら最後の花火はキャンセルとなってしまいましたが、閉演まで思いっきり楽しんでおりました。

≪サマーキャンプ14日目(8月16日)≫

ディズニーで楽しんだ次の日は日本へ帰国するため朝早くよりロサンジェルス空港へ向かいました。生徒たちはレジャーランドで遊び疲れ、大量に購入したお土産のパッキングのために夜更かししていたのかわかりませんが、バスの中では熟睡しておりました。空港は非常に混んでおり、出発が30分少々遅れてしまいましたが、パスポートの紛失等のトラブルなく日本へ向かうことが出来ました。

日本時間8月17日15時半頃日本へ到着しましたが、帰国すると、早速迎えに来てくださっている保護者もおり、生徒たちは久しぶりの日本に安心しておりました。

思い返せば、6月からサマキャンの準備を生徒たちと行ってきました。今年は例年よりもはるかに多い人数で、学年も全く異なるメンバーであったため不安な部分が多くありました。なかなかまとまらず、合唱練習の時も声が小さく、定期試験終了後に行ったさよならパーティーリハーサルでは、まだ準備できていないグループがあり、果たして大丈夫かなと思うところも多々ございました。

しかし渡米後、文化の違い、言葉の違い、考えの違いなどさまざまな壁にぶつかり生徒同士で協力していくなかで、団結感や一体感というものが生じ、非常にすばらしい一つのチームとなり、日本へ帰国することができました。

引率した教員としては、生徒たちの短時間でのすさまじい成長にとても誇りを感じております。渡米前の顔と比べ、少し立派になったのかなと思います。この経験を、今後の英語学習に活かしたり、生徒たち自身での思考の変化に結びつけたり、将来の夢への想いなどに役立てたりできるといいなと願っております。

長きにわたりレポートさせていただきましたが、以上でサマーキャンプレポートは終了となります。拙い文章等数多くあったかと存じますが、最後までご覧いただき誠にありがとうございました。