《Melissa’s English Class Vol.8》 What’s Your Fortune?

2018年06月24日

It’s time for second year junior high school students to learn the future tense!

中学2年生が「未来の表現」を学習する時がやってきました。

In English, there are two ways to express the future: ‘I will’ or ‘I am going to’. ‘Going to’ is stronger and more resolute than ‘will’, but save for this nuance, the two are virtually interchangeable and they both allow you to express yourself in terms of the future.

英語では未来を表現する方法が2つあります。willを使う方法とbe going to を使う方法です。be going to のほうがwillより強く、意志が固いですが、こういったニュアンスはさておき、この2つは実質的には交換可能で、未来の視点で自分自身のことを表現できます。

To teach this lesson, I used fortunes. When my friends visit me in Japan, I always make sure they go to a shrine and draw their fortune because I think it is such a fun tradition!

この授業のために、私は「おみくじ(占い)」を使ってみました。実は私、友人が日本に来ると、神社に行っておみくじを引いて、って絶対お勧めしているんです。だってこんなに楽しい日本の伝統ってないじゃないですか。

While I can’t take the students to a shrine, I can bring the shrine (or at least a small part of it) to the classroom through fortunes. Drawing fortunes in Japan is very different than in America, so I showed the class images of traditional western fortune telling paraphernalia, including crystal balls and star signs, so that they could learn a little about my culture.

生徒たちを神社に連れていくことはできないので、私が神社を教室に持ってきちゃうんです(まぁ、「おみくじ」っていうほんの一部ですけど)。日本のおみくじとアメリカのとはかなり異なるので、生徒のみなさんに伝統的な西洋のおみくじ一式(水晶や星座など)の画像を見せます。それは西洋の文化をちょっとでも理解できるようにするためです。

I encouraged them to be creative and imaginative as they wrote, and they were not disappointed. They learned a lot of vocabulary ranging from ‘poverty’ to ‘marriage’, and they came up with some really interesting things like ‘You will be a robot’ and ‘You will not eat food’ (so many questions… if you don’t eat food, what else can you eat? Unfortunately, the fortune did not specify an alternative source of sustenance). After they finished their fortunes, they had to fold them and put them inside the ‘Box of Fortune’.

私は生徒のみなさんが英語を書くときにクリエイティブで想像力を使うように伝えていますが、生徒はそのことを残念に思ったりしません。生徒たちは「貧困」から「結婚」という英語まで幅広い語いを学びましたし、「あなたはロボットになるでしょう」とか「あなたは食べ物を食べないでしょう」などのような本当に面白いものをいくつか思いつきました(で、私たくさんツッコミたくなっちゃうんです。「もし食べ物を食べなかったら、他の何を食べるの?って。でも残念。このおみくじではその代わりとなる食糧を特定することはできないんです)。さて、生徒は自分のおみくじを書き終えると、その用紙を折って「フォーチュン・ボックス」に入れることになります。

At the end, students drew a fortune from the ‘Box of Fortune’ and read it in front of the class. This way, the lesson incorporated writing, reading and speaking. More importantly, all students were able to hear what their classmates had written, and they laughed out loud when someone got a ‘bad’ fortune.

最後は「フォーチュン・ボックス」からおみくじを一人1つ引いて、それを音読して発表します。このように、授業では「書くこと」と「読むこと」と「話すこと」を組み合わせました。さらに重要なことは、全員が全員の書いた文(おみくじ)を聞くことができたこと、そして「不運」なおみくじを誰かが引いたときに大笑いできたこと、これですよね。

The students were engaged, they discussed with each other what they could write, and they were excited about drawing fortunes. It was a lot of fun for all of us. I am looking forward to doing a similar lesson in the future!

お互いに関わりあって、何が書けるか話し合って、おみくじを引くことにわくわくしました。みんなにとって大変楽しいものでした。近い「未来」に同じような授業をしたいなぁと思っています。

Students listening and reacting to fortunes being read おみくじが発表されているのを聞いています。

A student thinks of what to write for her fortune. 何て書こうか考えています。

A student reads his fortune おみくじを引いて読んでいます。

Going over a student’s fortune おみくじ作りをチェック中

Discussing how to talk about the future in English 英語で未来をどう表現するか議論中