≪Melissa’s English Class Vol. 4≫Does this Look Like A Rabbit Or A Duck?

2018年05月09日

The second year junior high school students (and their parents–thank you to those who came to see the lesson yesterday!) are learning to make comparisons using the construction ‘It looks like’.

中学2年生(と保護者のみなさまー先日は授業参観にお越しいただいてありがとうございました)は’It looks like’「~のように見える」の構文を使った比較表現を学んでいます。

To help them learn it and use it in conversation, I showed them a series of famous optical illusions and asked them to write–and tell the class–what they saw.

その構文を習得して会話で使えるように、私は生徒にいくつかの有名な錯視を見せて、自分が見えたものを書いてそれを教えてほしいとお願いしました。

Optical illusions are images that confuse our brains with their colors, structures, or both. This confusion means that individuals will interpret the same image in various different ways, making them a great conversation starter and a fun, non-conventional way to teach grammar. 

錯視とは色や形、またはその両方によって私たちの脳を錯乱させる(以下に挙げたような)イメージのことを言います。このように脳が錯乱すると、一人ひとりが様々にそのイメージに邪魔されてしまうわけで、そうなれば自ずと素晴らしい会話が始まりますし、それってとても楽しいです。これは従来型の文法教授法ではないことを意味しています。

File:My Wife and My Mother-In-Law (Hill).svg

Does this woman look young or old?こちらの女性、若く見えますか?それとも年寄りに?

This was a really fun lesson for everyone as they realized that the person next to them had a completely different understanding of the exact same image. There was conversation among students as they tried to explain to each other what they saw, and many asked me questions about the images. There was a lot of laughter and victorious shouting when they finally saw what their classmates were trying to show them.

隣に座っている人が全く同じイメージを見ているのに完璧に違うイメージに見えることがわかったので、みんなにとって本当に楽しい授業になりました。お互いに自分が見えたイメージを説明しようとしているような会話が生徒間で見られました。そして生徒の多くが私に質問をしてきました。笑い声がたくさん聞こえましたし、友達がわからせようとしてくれたイメージがやっと見えた時、勝ち誇った叫び声も響いていました。

The optical illusion above was one of the most interesting ones, as many could not see how the woman on the image could be both young and old. Can you?

上の錯視は最も面白いものの一つでした。というのも多くの生徒が若い女性と老婆の両方を見出すことができなかったからです。みなさんはわかりますか。

Taboo: the green is the word the students need to guess, and the black words are the Taboo words.「タブー」ゲームでは緑色の言葉は推測する言葉で、黒い言葉使ってはいけない「タブーの」言葉です。

At the end of the lesson, we played Taboo for a few minutes. Taboo is a really fun game that allows everyone–regardless of their English ability–to use English creatively. Taboo consists of having one person guess a word without saying any of the most commonly used words to describe it. For example, a person may have to guess ‘Banana’, but the hints cannot be ‘fruit, yellow, monkey’. The game is difficult for everyone, including native English speakers, but students really enjoy trying to have their classmates guess each word. 

授業の最後の数分で「タブー」ゲームをしました。「タブー」は英語力に関わらず英語の創造力を使って遊ぶ本当に楽しいゲームです。「タブー」はある言葉を説明するのに最もよく使われる言葉を言ってはいけないのですが(それ以外の言葉を使って)その語を推測させるゲームです。例えば、「バナナ」という言葉を推測させなければならないとしても、「フルーツ」「黄色」「サル」などのヒントは出せないのです。ネイティブの英語話者を含む誰にとっても難しいゲームですが、生徒たちはその言葉を推測させることを本当に楽しんでやっています。

My favorite lessons are the ones where students are able to use the language without feeling judged, and the combination of games and interesting images certainly accomplished that. The material was engaging, and students felt comfortable and confident with their English ability (as they should be!).

私は生徒が評価されていると感じない言語使用ができる授業を好んでいます。ですから、(今回も)ゲームと面白いイメージの組み合わせがそれを確実に達成させてくれました。教材は生徒たちを引きつけるような魅力的なものでしたし、生徒たちは気持ちよく自分の英語力に自信を持てたと感じることができました。(そうよ、みんな。そう感じて当然よ!)

Does this look like a rabbit or a duck? これはウサギにみえますか。それともアヒルに見えますか。

Students explaining to each other the different interpretations of an image. 一つのイメージに自分が見えた異なる解釈を説明する生徒たち

Explaining the difference between ‘It looks…’ and ‘It looks like…’ ‘It looks’と’It looks like’の違いを説明しています。

Do you finally see it? A student reacts to understanding both interpretations of an optical illusion.「やっと見えた?」生徒は錯視の両方の見え方がわかった人にリアクションしています。

A student explaining the how rabbit ears could also be the beak of a duck.生徒はどのようにウサギの耳がアヒルのくちばしに見えるのかを説明しています。

Playing Taboo: two students face away from the screen as the rest of the class tries to have them guess a word.「タブー」ゲームをしています。生徒たちは黒板に背を向けている二人の生徒にある言葉を推測させているところです。