≪中1≫フレッシュマンキャンプレポート3日目(最終日)

2019年04月18日

フレッシュマンキャンプ3日目。

朝礼や朝ご飯の準備など、2日目より早く行動することができるようになり、この3日間の集大成として成長した姿を見せてくれました。

研修では「自分史ワーク」を取組みました。これは自分の過去を振り返り現在の自分の姿を見つめ直して、未来をどのように生きていくかを1年かけて考えるという学習です。グループの名前、リーダー、そして意気込みを考えて、各リーダーが前に出て発表しました。緊張しつつも前を向いてしっかりと伝えることができていました。その後のグループごとの活動では、自分が生まれてから今までの写真を使って、当時の様子や思い出を説明し合いました。楽しそうに話す表情や、それを興味深そうに聞く様子が印象的でした。

閉校式の礼讃文は1日目に比べ、淑徳巣鴨中学生としての自覚を持てたように見えました。「ベスト オブ フレッシュマン」に選ばれた生徒はこの3日間を通じて1番輝いていた生徒です。もちろん、どの生徒もよく頑張っていました。学校に着き、バスを降りるときに運転手さんや添乗員さん、看護師さんにきちんと「ありがとうございました」と言える生徒を見て誇らしく思いました。

この3日間の経験、学んだことをこれからの学校生活に活かし、一人ひとり「なりたい自分になる」という学年目標に向かっていく姿を応援していきます。