Shukusu Blog
学校行事 高校

≪高校≫入学式が執り行われました。

令和2年度 高校入学式

4月6日(月)本校にて令和2年度入学式が執り行われました。新型コロナウイルスの影響のため時間短縮及び大幅な内容変更となりました。マスク着用等のご協力ありがとうございました。入学式は厳かな雰囲気の中、生徒の皆さんには緊張の様子も見られましたが、式終了後の写真撮影には笑顔も見られ、和やかな雰囲気の中帰宅していきました。しばらくは、新型コロナウィルス対策が続きますが、しっかりとお子様をサポートして参ります。本日は、誠におめでとうございます。

新入生代表「誓いの言葉」をご紹介いたします

暖かな日差しとともに吹く風が心地よく感じられるようになった今日、私たちは淑徳巣鴨高等学校の入学式を無事に迎えることができました。
このような素晴らしい入学式を挙行してくださったことに心から感謝申し上げます。
9年間の義務教育課程が修了し、これからは自分の考えで道を切り開くことになります。
しかしながら、自由に進む道を選択できる反面、ひとつひとつの選択や行動にこれまで以上に大きな責任が伴います。
その様な意識を持ちつつ、高校生としての自覚と責任感ある行動をします。
また、高校ではたくさんの新しい仲間と出会います。
誰かが困っている時や苦しんでいる時は、お互いに助け合い励まし合いながら困難を乗り越え、時には良きライバルとして切磋琢磨する関係を築きます。
3月上旬からは、多くの学校が新型コロナウイルス感染拡大の影響で休校になり、私たちは中学校生活最後の1か月を自宅で過ごすこととになりました。
学校に登校し、友達と話し、授業を受け、部活動ができる毎日がいかに大切なものなのかを実感しました。
そのような状況下で、今日という日を迎えることができたのは、私たちをこれまで育ててきてくださった家族や、ご指導いただいた先生方などのおかげです。
校訓である「感恩奉仕」を3年間の高校生活を通して体現し、私たち一人一人が掲げ未来への目標に向かって一生懸命努力することを誓います。
令和2年4月6日 淑徳巣鴨高等学校新入生代表