先輩たちの声

部活も勉強もやり切れたのは
先生方のサポートと仲間の励ましのおかげです。

青山 佳奈子さん (2017年卒業)
上智大学 文学部1年

兄が通っていて、男子も女子も仲がよくて楽しい学校だと聞いていたので、入学を決めました。部活は、中学時代と同じバレーボール部です。辛いこともありましたが、3年間やり抜きました。部活の活動日が多くて、定期テストの時期と大会が重なることもあり、勉強が遅れているという焦りを感じることもありましたが、部活の仲間と教室に集まって勉強しました。ひたすら無言で、それぞれの課題を集中してやるだけなのですが、仲間がいると思うと心強かったです。淑徳巣鴨での3年間は、大変だったけれどそれ以上に大事な時間だったと思います。忙しい中でも、自分を追い込んで頑張れたのは、先生方のサポートと仲間の存在が大きいです。先生方は、受験勉強以外でも親身に相談にのってくださいました。授業も生徒に興味を持たせる工夫をしてくれています。私は、中学までは社会科に苦手意識を持っていたのですが、日本史の授業が面白くて、好きな科目の一つになりました。そして以前から好きだった英語はますます興味をもつようになりました。大学での専門的な勉強を活かして、将来は英語を使う仕事に就きたいと思っています。

 

逃げずに頑張ったから得られた
「チャレンジする気持ち」が財産です。

大森 友和さん (2017年卒業)
明治大学 商学部1年

部活もありましたし、定期試験や朝テストなど大変なこともありましたが、電車での通学時間も有効に使うなどして頑張りました。逃げずに頑張ったことが、苦手な分野でも積極的に学ぶ姿勢や、さまざまなことにチャレンジする気持ちにつながっていると思います。このことは、今の自分の大きな財産になっています。受験勉強中は、先生方が用意してくれた様々な資料や、プリントがありがたかったです。また、進路選択についても、複数回にわたる面談で生徒の状況を一緒に把握しながら、適切なアドバイスをしてくださいました。先生方の親身なサポートのおかげで、進路希望を叶えることができました。今は、マーケティング分析などを重点的に勉強していますが、将来は、淑徳巣鴨で培った英語力をさらに伸ばしながら、経営学を学び、海外でも通用する力を身につけていきたいと思っています。いろいろなタイプの人が集まっている淑徳巣鴨で学んだことで、それぞれの人に合った接し方ができるようになりました。これも、もう一つの財産だと思っています。

 

先生が背中を押してくれたおかげで、
少しずつ着実に「強い心」が養えました。

大木 苑さん (2012年卒業)
関西学院大学 社会学部卒業/UCC上島珈琲株式会社

淑徳巣鴨には、楽しく勉強できる工夫をされた授業がたくさんあります。また、早朝から自習スペースが使えたり、受験に関する本やパソコンが自由に使えたりと、学びたい人にとっては非常に恵まれた環境です。部活動と両立している人も多く、私も友だちと励まし合いながら頑張りました。勉強以外でも、全校生徒の前で発表する機会や、「希望の星」など生徒の頑張りを褒めてくれることもあり、新たなことにチャレンジする場面もたくさんあります。先生方は、いつでも見守り背中を押してくださる存在でした。いろいろなことに挑戦し、評価していただいて、タテ・ヨコ・ナナメのつながりもでき、少しずつですが着実に「強い心」が養われていったと感じています。今は、大好きなコーヒーに関わる仕事に就いています。スケジュール管理や企画立案など、恩師や先輩、友人たちから学んだ「前向きに挑戦し続ける」姿勢で取り組んでいます。将来はグローバルに働きつつ、高校時代から続けている空手の魅力を各地に伝えたいと思っています。そのためにも、コーヒーアドバイザー資格の取得に向けて、勉強を頑張っています。

 

早い時期からの進路サポートで
将来何がやりたいのかをイメージできました。

早川 威さん (2012年卒業)
法政大学 人間環境学部卒業/株式会社NTTファシリティーズ

淑徳巣鴨では、進路ガイダンスやスポンサー講座を通して、1年生のうちから受験を意識した学習をすることができます。夏休みや冬休みなどの長期休暇中もきめ細かなサポートがあり、また、普段の授業でも選択式のカリキュラムや、自習室での勉強など、常に進路を意識し続けられる環境で、大学に行って何をやりたいのかを具体的にイメージすることができました。現在は、そのころ描いた夢に近づける企業で仕事をさせていただいています。部活は剣道部でしたが、勉強面・生活面で「さすが剣道部」と言われるように、実直に頑張りました。文武両道でやり切った経験が、今も全てのことに全力で取り組む原動力になっていると感じています。淑徳巣鴨での学びを通して「あたり前のことをあたり前にできる」力が身についたと思います。挨拶や目上の方との接し方など、社会人になった今でも大いに役立っています。自分を支え、育ててくれた淑徳巣鴨に、将来何らかの形で恩返しできればと考えています。これからも、「あたり前のことを全力で」やり続けていこうと思っています。