伝染病による出席停止について

出席停止の伝染病(インフルエンザも含む)に罹患した場合は、学校保健法により原則として以下の表のように出席停止となります。
感染拡大の可能性があるため、医師の許可がでるまで自宅で療養してください。
また、伝染病が疑われる症状がみられた場合には、登校を自粛し速やかに医療機関を受診してください。

「伝染病を疑い、医療機関を受診した」際の学校の対応は以下の通りです。

1、伝染病の疑いがある(陽性)の場合
医師の判断により登校許可がでるまでの期間を、出席停止とし、欠席扱いにはなりません。
必ず学校に診断結果をご連絡ください。
なお、治癒後登校する際に、
提出用紙上段の【治癒証明書】に医師の証明をもらったものを、担任に提出してください。

2、伝染病の疑いがない(陰性)場合
伝染病でなかった場合、検査日は公欠とし、欠席、早退扱いにはなりません。
提出用紙下段の【抗体検査報告書】を、保護者の方が記入し、
受診した医療機関の領収書も併せて担任に提出してください。
なお、この場合、検査日のみが公欠となり、それ以降は通常の欠席とします。
*検査結果が陰性の場合、医師の証明は必要ありません。
必ず、医療機関名と受診日が記載されたものを添付して提出してください。

伝染病の種類

※『提出用紙【治癒証明書】【抗体検査報告書】』の印刷はこちらからお願いします⇒印刷はコチラ

※『伝染病による出席停止について』の印刷はこちらからお願いします⇒印刷はコチラ